ホクレン

文字サイズ

MENU


ホクレンとは


農産事業本部


日本の食を支える北海道の農産物

日本の食を支える北海道の農産物。
新しいニーズにも応えながら全国へ。

麦類、豆類、馬鈴しょでん粉の集荷・加工は「農産部」。野菜・果実、種苗の生産供給は「種苗園芸部」。北海道産農産物を使った加工食品の製造・販売は「食品部」。種子供給から販売まで一貫して取り組んでいます。


安全・安心の追求「生産履歴記帳運動」

安全・安心の追求「生産履歴記帳運動」

今日、農産物に求められているのは、おいしさとともに安全で安心して食べられることです。
ホクレンでは生産者がどのような肥料や農薬を使用して作物を生産したのかを記録する「生産履歴記帳運動」に取り組み、適正な肥料・農薬の使用を推進。また、モニタリング検査として残留農薬の分析を実施するなど、安全・安心をより確かなものにしています。


世の中のニーズに応える農産物

世の中のニーズに応える農産物を

消費者がどのような商品を望んでいるかにも目を向け、その要望を産地に働きかけて生産する体制づくりに努めています。また、農業総合研究所と連携し、特徴ある野菜品種の育種に取り組み、ホクレンオリジナル品種の生産・拡販を進めています。
近年、ニーズの多様化による多彩な供給形態が求められ、ホクレンでは野菜のサイズやパッケージの仕方など、お客さまが望む形態に変えて提供することにも取り組んでいます。


鮮度や品質を守る、北海道内外の加工施設

さまざまなニーズに応えるために北海道内外に加工施設を設置。農産広域センターは、北海道産の豆類を調製選別し、業務用・家庭用製品を製造しているほか、北海道産馬鈴しょでん粉を原料とした家庭用片栗粉製品を製造。札幌野菜センターは、野菜のパッケージのほかに、CA貯蔵庫を設置し、青果物の呼吸活動を最小限にして、鮮度を保つ貯蔵を行っています。関東野菜センターは、野菜のパッケージのほかに、CA貯蔵施設として首都圏への出荷体制を整えています。


コミュニケーションを楽しく幅広く

産地と消費者を結ぶこともホクレンの役割のひとつです。北海道産野菜の品質の良さを知っていただくために、北海道内外の大手スーパー、量販店、生協などでの試食宣伝販売会、料理教室などを積極的に展開しています。また、ホームページ「きたやさい」では、野菜に関する情報を発信しています。
北海道が生産量日本一を誇る豆類は、ホームページ「ホクレンの豆」で豆の種類や生産から流通までを紹介。健康に良い食材でもある豆の魅力を伝えるため、親子を対象にした料理教室、ホテルでのトークショーや豆料理試食会などのイベントを開催しています。


主な事業内容


リンク


  1. 米穀事業本部
  2. 農産事業本部
  3. てん菜事業本部
  4. 酪農畜産事業本部
  5. 資材事業本部
  6. 生活事業本部
  7. 農業総合研究所
  8. 管理本部