ホクレン

文字サイズ

MENU


ホクレンとは


生産者を支え、消費者と結ぶ。
ホクレンは、北海道内のJAが出資し、JAの経済事業を担うことを目的として設立された組織です。
ホクレンの役割の根幹は、生産者の営農活動を支える「生産者支援」です。
生産現場に不可欠な資材やエネルギーの供給、技術面・情報面でのバックアップなど、
農畜産物を安定的に生産するためのサポートを行っています。
もう1つの役割が消費者への食の安定供給です。
全国の消費地・消費者に安全・安心な北海道産農畜産物の供給を行います。
また、北海道ブランドの構築やPR活動など、新しい需要を開拓する活動も展開しています。
生産現場を支え、実りを確実に消費地に届けることは、
ホクレンの果たすべき責務であり、存在意義でもあります。

ホクレンの存立理念

北海道農業の着実な生産振興を図り、
消費者に安全・安心でおいしい食品を提供することです。

JA綱領

ホクレンはJA綱領に掲げられる協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。そして地球的視野に立って環境変化を見通し、組織・事業・経営の革新をはかります。さらに、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。
このため、次のことを通じ、農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を誠実に果たします。

わたしたちは
1. 地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
1. 環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
1. JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう。
1. 自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう。
1. 協同の理念を学び実践を通じて、共に生きがいを追求しよう。


ホクレンマークの意味

ホクレンマーク

全体の円は太陽を表すとともに、協同組合の永遠のテーマといえる人の和を示しています。
大地はまさに農業そのものであり、そこに根をおろす大樹は未来への躍進の象徴。
この樹は柏の葉をデザイン、実に強靭で緑の葉を絶やすことのない柏の樹は、未来への繁栄をも意味しています。
また白い空間部分は、北海道の清澄な空気を表現しています。
イラストレーターの和田誠氏のデザインにより、昭和48年に制定されました。

ホクレングループレポート

Hokuren Group Report(English)

ホクレン組織図はこちら