北海道ビーフ百貨 DO Beef ホクレン農業協同組合連合会
ホクレン農業協同組合連合会

BSEについて
BSEとは 道内産牛のBSE対策
BSEとは
BSEとはどんな病気?
BSE発生の原因は?
BSEは人に感染するの?
お肉を食べても安全なの?
ご安心下さい。
BSEとはどんな病気?
1986年にイギリスで初めて報告された牛の病気です。

この病気にかかった牛は、まっすぐに歩けなかったり、普段と違った行動をとったり運動失調などの症状がみられます。発症して死亡した牛の脳組織が海綿状(スポンジ状)になることから、牛海綿状脳症と名付けられました。
BSE発生の原因は?
「異常プリオン」というタンパク質と考えられています。
「正常プリオン」というタンパク質は、ほ乳類の体内に普通に存在しています。しかし、立体構造が異なる「異常プリオン」が脳の中に蓄積すると、神経細胞を破壊して、BSEの症状があらわれると言われています。この「異常プリオン」は、BSEに感染した牛の脳、脊髄などを含んだ肉骨粉
*1を食べさせない限り発生しません。

*1 現在日本では、すべての国からの輸入を停止し、家畜のえさとして、製造、出荷、使用を禁止しています。
BSEは人に感染するの?
BSEの牛を触っても空気を伝っても人間には感染することはありません。
人間にもクロイツフェルト・ヤコブ病のように、脳が海綿状になる病気がありますが、そのうち変異型クロイツフェルト・ヤコブ病がBSEとの関連を指摘されています。英国では、これまでに100名余りの発症が確認されていますが、これは危険部位である脳などを習慣的に食べていたことが原因ではないかとみられています。なお、日本での変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の発症例はありません。
お肉を食べても安全なの?
お店で売られているのはすべて検査済みの安全なものです。
現在店頭で販売されている国産牛肉は、一頭一頭すべてBSE検査を行い、感染していないことが確認されたものだけです。またOIE(国際獣疫事務局)の基準では、BSEに感染した牛の特定危険部位として指定されている部位を含まないものは、異常プリオンは蓄積しないので、食べても安全とされています。
ご安心ください。
特定危険部位はすべて除去され焼却されます。日本ではBSEの感染の有無に関わらず、解体処理されるすべての牛の特定危険部位(脳、脊髄、眼、回腸遠位部)を取り除き、焼却処分しています。したがって、これらの部位が食用として流通することはありません。



詳細ページ

コピーライト