北海道ビーフ百貨 DO Beef ホクレン農業協同組合連合会
ホクレン農業協同組合連合会

品質と安全へのこだわり
飼料 飼育方法 飼育環境 処理・加工・格付 出荷管理
飼育環境
牛に適した気候風土を存分に活かしています。
最高の飼養環境で進む、安全安心への取り組み。
牛一頭ごとの生産履歴が把握できるシステムに取り込んでいます。


牛に適した気候風土を存分に活かしています。
一面に広がる豊かな自然、そして澄んだ空気と透明な水が育む、栄養たっぷりの牧草。湿度の少ないさわやかな風と、適度な気温。広大な土地と、一年を通じて畜産に適した気候風土を持つ北海道の恵まれた環境が、高品質でヘルシーな肉牛を育てるうえで、大きな力となっています。

最高の飼養環境で進む、安全安心への取り組み。
北海道ビーフの基本テーマは「安全・安心・安定」。より安全で安心な牛肉を安定して供給するには、飼養環境の整備や、積極的な品種改良を行うのはもちろんのこと、栄養価の高い飼料の生産およびその研究と開発、食肉加工処理時における衛生管理、出荷終了まで責任もって行う高水準の品質管理など、各段階において熟練した技術が必要とされます。獣医師などの資格保持者や各関係者が、技術向上を目的に、連携を図りながら進める研究と開発。クリーンでおいしい北海道ビーフは、抜群の飼養環境と酪農のスペシャリストの手によってつくられるのです。
牛一頭ごとの生産履歴が把握できるシステムに取り込んでいます。
健康な牛を育て、その安全がしっかりと確認できることが、安全対策の一番の基本。北海道では、牛一頭一頭ごとの生まれや育ち、与えられた飼料、その後の移動などのデータを一元的に管理することにより、農場から食卓まで、安全性を追跡できるシステムづくりに取り組んでいます。
TOPへ

コピーライト