北海道ビーフ百貨 DO Beef ホクレン農業協同組合連合会
ホクレン農業協同組合連合会

品質と安全へのこだわり
飼料 飼育方法 飼育環境 処理・加工・格付 出荷管理
処理・加工・格付
(株)北海道畜産公社における衛生管理および環境保全体制
加工終了時までしっかりと続く、北海道ビーフの品質衛生管理システム
安定した格付を受け続け北海道ビーフ


(株)北海道畜産公社における衛生管理および環境保全体制
食肉処理加工場における衛生管理は、HACCP的手法によって二重三重に行われるとともに、公的機関である食肉衛生検査所の専任スタッフが常駐して牛肉の衛生検査を実施しています。検査のチェック範囲は牛肉だけでなく、施設・設備をはじめ、運搬車両、作業員のユニフォームの衛生状態、機械の洗浄や消毒状態などにもおよび、工場全体の衛生管理を含めた指導が行われています。特に、食肉処理作業に使用するナイフやデバイダ、鋸といった肉片が付着するものは念入りな洗浄・消毒が行われます。また、北海道ビーフの生産においては環境保全
も重要な要素であるため、食肉処理加工段階でも環境保全に細心の配慮がなされています。食肉処理加工時には牛の血液や洗浄水などの大量な汚水が排出されますが、これらによって河川が汚染されないよう、汚水・汚物の適正処理を行い、環境との調和を図っています。
加工終了時までしっかりと続く、北海道ビーフの品質衛生管理システム
カッティングされた部分肉は、HACCP的手法による衛生管理のもと、安全性の高い真空パックを施され、製品として出荷されます。北海道ビーフの食肉加工場は、効率の良い製品化ラインの整備に努めながら、ワンランク上の品質管理をめざしています。例えば、牛肉の品質を維持するために、工場内の施設を低温に保つコンピューター管理システムを整備したり、真空パックが完成するまで牛肉を外気にふれさせない施設を整備するなど。北海道ビーフは、さまざまなシステムの技術の集積を通じて、ゆるぎない品質を獲得しているのです。
安定した格付を受け続け北海道ビーフ
歩留等級は、A、B、C、の3等級に区分され、肉質等級は「脂肪交雑」「色沢」「締まり」「きめ」などの複数の項目が、それぞれ5等級に区分されています。牛肉の格付は、肉牛の品種によって大きく異なります。北海道ビーフの場合は、黒毛和種であればAまたはBの5~2、乳用雄去勢牛やその他肉用牛はBまたはCの3~2、その他の牛(交雑種)は、おおむねその中間くらいが、格付の中心となっています。肉牛の飼養に適した北海道の気候風土、高いレベルの飼養技術、信頼性の高い食肉加工技術が、安定した格付を可能にしているのです。
TOPへ

コピーライト