北海道ビーフ百貨 DO Beef ホクレン農業協同組合連合会
ホクレン農業協同組合連合会

部位紹介

ダイエット Diet

Dietの敵は食べ物じゃない!! ライフスタイルのダイエットからはじめよう。

調理法のひと工夫
バラ肉など、脂肪分の多い部位は、一度下ゆでしてから煮込むと、余分な脂肪を取りのぞくことができます。煮込み料理の場合は、途中のあく抜きをていねいにすること。ソテーやステーキなど、肉の焼き汁でソースを作ることがありますが、焼き油は捨ててソースを作るだけでかなり違ってきます。

焼き方にもコツだ
フライパンでステーキを焼く場合、敷いた油まで吸収してしまうことも。そこでオススメしたいのが焼き面に凹凸のついたステーキ用のフライパン。焼いた際にでる脂肪分を溝の部分に落としてくれます。そして、なんといっても網焼きは脂肪分カットの強い味方。例えば焼肉で網焼きの場合、カルビでは約20%、ロースでも17%のカロリーをカット。ついつい手が出てしまう焼肉も網焼きによって、カロリーを減らすことができるのです。

美容のためにもお肉を食べる
美しい肌を保つためにビタミンの豊富な野菜を食べるだけではタンパク質不足をまねき、逆に肌のツヤやハリを失ってしまいます。また、女性に多い貧血の原因にも。貧血は顔色を悪くするだけでなく、カラダや頭の働きを鈍くさせてしまいます。お肌にとっても、牛肉の良質なタンパク質は大切な栄養源です。

肉を食べたら野菜もバランスよく
肉を食べたら野菜はその5倍食べるのが理想的です。しかし、生野菜で500gも食べるのはなかなか大変。付け合わせやスープ、サラダに工夫したいところ。また生野菜より、さっとひと茹でした温野菜を食べることをオススメします。

何より食べたら運動すること
ダイエットの敵はお肉を食べることではなく、食べたあとが肝心。消費しなかったエネルギーが蓄積し、これが太る原因になります。近所への買物は、自転車や、徒歩で行くなど、日頃からエネルギーを消費するライフスタイルに変えてみることです。きちんと食べて、とにかくカラダを動かすこと。これこそダイエットの近道。まずはライフスタイルの見直しからはじめてみませんか。


TOPページへ
テールタンすね肉外もも肉内もも肉ともばらすね肉かた肉ランプサーロインヒレリブロース肩ロースネックテールタンすね肉外もも肉内もも肉ともばらすね肉かた肉ランプヒレサーロインリブロース肩ロースネック6.出荷7.店頭販売5.枝肉加工4.全頭生体検査8.BSE検査(全頭検査)3.個体識別の実施2.家畜衛生の安全確認1.給与飼料の安全性の確認
コピーライト