北海道ビーフ百貨 DO Beef ホクレン農業協同組合連合会
ホクレン農業協同組合連合会

DO Beefとは?
DO Beefとは? DO Beefとは?
DO Beefとは? DO Beefとは?
「DO Beefとは?」
北海道で肥育された、乳用種肥育牛の総称です。
乳用種とは、ホルスタイン種、ジャージー種、ブラウンスイス等の品種をいい、雌牛は牛乳を生産する品種として知られていますが、生まれてからすぐに牛肉生産のために肥育されている牛を肥育牛といいます。

DO Beefと国産若牛ってどうちがうの?

DO Beefと国産若牛ってどうちがうの? DO Beefと国産若牛ってどうちがうの?
DO Beefと国産若牛ってどうちがうの? DO Beefと国産若牛ってどうちがうの?
DoBeefは国産若牛のなかにあるんだ!!


シンボルマーク
「ドゥ・ビーフ」のロゴマークは、誰にでも視覚的にわかりやすく「おいしさ」や「生育の良さ」が感じられるよう表現し、牛と部位のシルエットは、ヨーロッパの街角で見られるような肉屋の看板サインを連想させます。また「ドゥ・ビーフ」のネーミングには、次の意味が込められています。

1〈DO〉は英語の「~する」という動詞からきており、フロンティア精神あふれる明るく健全な北海道に生まれた牛肉であることを表現しています。



2HOKKAIDOの文字の中にこの〈DO〉が含まれており、誰もが覚えやすく、親しみやすいネーミングとして付けらました、「北海道牛肉の品質の確かさと安全性」、そして「おいしいビーフ」である事を皆様に伝え、提供して行きたいと考えます。
DO Beef

6.出荷7.店頭販売5.枝肉加工4.全頭生体検査8.BSE検査(全頭検査)3.個体識別の実施2.家畜衛生の安全確認1.給与飼料の安全性の確認
コピーライト