有限会社 フロイデ農場
有限会社 フロイデ農場
ごあいさつ
代表取締役 勝木 伸

代表取締役 勝木 伸
豊浦町は北海道の南西部、内浦湾(噴火湾)に位置しイチゴ・豚肉・ホタテが有名な町です。
 (有)フロイデ農場は、平成16年12月に担い手・新規就農者を中心とした3戸の農家が結集して設立し平成17年4月に着工・10月SPF種豚導入開始。平成18年7月よりSPF肉豚を出荷開始しました。
 農場の名前「フロイデ」とは、ドイツ語で「喜び・歓喜」という意味です。
 (有)フロイデ農場は、この言葉の通り「豚にとっての喜び・育てる喜び・食べる喜び」を、経営理念とし「本当の安心・安全で美味しい」を消費者の皆様方の食卓まで届けていきます。
概要・沿革・スタッフ           生産の現場
<<ホクレンのSPF豚トップページへ