ホクレン

文字サイズ

MENU


ホクレンとは


会長メッセージ

北海道の農業と地域社会発展のために
ベストを尽くします。

代表理事会長 内田 和幸


代表理事会長 佐藤 俊彰

生産者、消費者、そしてあらゆる関係者を想い社会に貢献

ホクレンは1919年に前身である「保証責任北海道信用購買販売組合聯合会」の設立認可を受けて以来、本年で創立100年目に入り、これまで北海道の農業と生産者の発展を目的に事業を続けてまいりました。

ホクレンの使命は、生産者・農協と共に北海道農業の着実な生産振興を図り、日本の食料基地として消費者の皆さまに安全・安心で良質な農畜産物を提供することです。

そのためには本会の事業に関わる全ての皆さまからの支持、信頼を得て、社会に貢献していかなければなりません。


協同の力を最大限発揮して

わが国の農業は、農家戸数の減少と高齢化、耕地面積の減少、生産現場での労働力不足や国際貿易交渉での市場開放圧力、農業・農協改革論議など、さまざまな課題を抱えております。私たちはこういうときだからこそ、今一度、協同組合の原点に立ち返り、共生の精神を持ち、協同の力を最大限に発揮することで、これらの課題を解決していかなければなりません。

また、生産現場の実情や抱えているさまざまな課題を的確に把握することのできる強い信頼関係を構築し、生産者の皆さまのさらなる負託に応えた取り組みを創造し、実行してまいります。

これからも、消費者の皆さまから期待されている北海道農業の価値を深く思い描き、一人でも多くのお客様に感動をお届け出来る様、また生産基盤を守り、安全・安心な食を安定供給することはもちろんのこと、多様なニーズに対応した食をお届けするために「食の価値」を創造するというホクレンとしての役割をしっかりと果たしてまいります。


北海道農業を支え続けていくために

ホクレンは、「販売・購買・営農支援を三位一体とする事業運営」を基本戦略に掲げた事業改革プランの着実な実践に向けて、各事業において特に重要なテーマである「価値向上( 販売事業)」、「コスト低減(購買事業)」、「生産性向上(営農支援)」を重点方策とする第12次中期計画(平成28年度~30年度)を策定しており、今年度はその集大成となる最終年度となります。経済事業を担うホクレンは、目指すべき『農業所得の向上』の実現に向けて、生産者・組合員に期待されている使命を役職員全員で共有し、着実に事業に取り組んでまいります。

また、農業関係者のみならず、地域住民の皆さまにも信頼され、愛される組織であるために、北海道農業の真の姿や重要性を幅広く理解していただく食農教育や、地域貢献活動にも積極的に取り組んでまいります。

今後も農業所得の向上に向けて、生産者の皆さまの期待に応えるようしっかり取り組んでいくとともに、地域の活性化へ貢献するために生産者、消費者のみならず、あらゆる関係者の皆さまの負託に応えられるよう努力してまいります。