部位紹介と味わい方

部位によってお美味しさも、お料理の仕方も変わってきます。
牛肉の美味しさのバリエーションを、楽しんでください。

牛肉の部位

1.ネック

くびの部分のお肉。よく動く部位なので赤身が多く、旨みエキスが豊富です。

適した料理
ひき肉、スープの材料、煮込み料理など

2.肩ロース

ロース(背中の筋肉部分)のうち、頭に近い部分のお肉。和牛では霜降になりやすい部分です。

適した料理
スライスしてすき焼き、しゃぶしゃぶなど

3.リブロース

肩ロースから続く背最長筋のお肉。キメが細かくてスジが少なく、厚みもあって霜降になりやすい理想的な部位です。

適した料理
ローストビーフ、ステーキなど

4.サーロイン

ロース(背中の筋肉部分)のうち、頭に近い部分のお肉。和牛では霜降になりやすい部分です。

適した料理
ローストビーフ、ステーキなど

5.ヒレ

サーロインの内側の細長い部分のお肉。別名デンターロインとも言われ、牛肉1頭からわずか3%しかとれない最高級部位です。脂肪が少なくあっさりした味わいです。

適した料理
ステーキ、焼き物など

6.肩肉

腕を中心とした部分のお肉。運動量の多い部位なので脂肪が少なく、旨みエキスやゼラチン質も豊富です。

適した料理
スープの材料、煮込み料理、すき焼き、しゃぶしゃぶなど

7.かたばら

牛の胸にあたる部位。
肉質はやや硬めだがうまみのある「ブリスケ」と、脂肪交雑の入りやすい「さんかくばら」に分かれる。

適した料理
煮込みや焼肉(カルビ)など

8.ともばら

リブロースとサーロインにつながる部分のお肉。赤身と脂肪が交互に層をつくり、濃厚な味わいを持っています。

適した料理
焼き肉(カルビ)など

9.ランイチ

サーロインに続く腰の部分のお肉。ももの部分では最も柔らかい赤身肉で、良品質のものはロースよりも高い評価を得ることもあります。

適した料理
ステーキはじめあらゆる肉料理に

10.内もも肉

ももの内側のお肉。肉質は柔らかく、外側は脂肪で内側は赤身肉です。

適した料理
焼き肉から煮込みまで、あらゆる肉料理に。

11.外もも肉

ももの外側のお肉。脂肪が少なくしっかりした味わいです。ゼラチン質が多いのが特徴で、コンビーフの材料にもなっています。

適した料理
煮込み料理など

12.しんたま

球形をしており、主に赤身の肉からなる。
まるかわ、しんしん、かめのこ、友三角の4つに分ける事ができる。

適した料理
ステーキや焼肉など

13.すね

足のふくらはぎのお肉。コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質が豊富で、加熱によって柔らかいゼラチンになります。

適した料理
スープの材料、煮込み料理など