おいしく食べるコツ

ひと手間入れることで、
お料理の味はびっくりするほど美味しくなります。

下拵えや、残った材料で作るソースなど、だれにでも出来る牛肉料理のコツやワザ、教えます。

ステーキ肉は30分前に冷蔵庫から出す

冷えたままの肉を焼くと火の通りが遅くなり、外側は焼き色が付いても中は冷たいという状態に。
必ず焼く20~30分前に冷蔵庫から出し、乾燥しないようにラップで覆い、室温にしておきます。

しょうゆプラス1(ワン)でステーキソース

肉を焼いた後のフライパンに入れて温めるだけ。一瞬にして出来上がるしょうゆベースのソースはいかがですか。
例えば、しょうゆ+ケチャップ!甘さが加わり子どもも喜ぶ味になります。ほかに、しょうゆ+バルサミコ酢、しょうゆ+赤ワイン、しょうゆ+リンゴジュースなどお好みで工夫してみましょう。

牛ひき肉で簡単!
ビーフコンソメ

牛スープをすじ肉や骨を使って取るのは家庭では難しいですが、牛ひき肉を使えば手軽で時間もかかりません。
卵白を混ぜて煮込むと、アクも一緒に固まり、透明なスープに。出来上がったら塩と黒こしょうを加えるだけでビーフコンソメに、野菜やきのこを加えて具だくさんスープに、煮込み料理にも使えます。

動画をチェック

塩・こしょうは直前に!
サラダ油も効果的

ステーキ肉は、塩をして時間をおくと水分が出て硬くなってしまいます。
焼く直前に片面だけ塩・こしょうしてフライパンに入れ、上面は焼きながら塩・こしょうを振るといいでしょう。
またヒレやもも肉など脂肪が少ない部位の場合は、20~30分前に薄くサラダ油を塗っておくと柔らかく焼き上げることができます。