GReen

ホクレン


GReenを読む


2019年1月号(No.300下巻)の特集

グリーンはおいしい北海道を
発信し続けます


グリーンはおいしい北海道を発信し続けます

 おかげさまで創刊300号を迎えたグリーン。7月に募集した記念アンケートには、はがきとウェブで954通ものご回答をいただきました。北海道農業へのあたたかい思いや期待がいっぱいで、編集室一同、感謝するとともに気持ちが引き締まりました。
 ここであらためて、北海道農業のプロフィールをご紹介しましょう。ご存知のように、北海道の農業はスケールが大きいのが特徴。耕地面積は114万5千ha。全国の4分の1以上を占めています。農家戸数は約3万6千戸で、1戸当たりの耕地面積は田が11.39ha、畑が22.53haで、都府県平均の田1.45ha、畑0.45haに比べると広い耕地で、主に専業で農業を営んでいます(専業農家率は北海道68%、都府県31%)。
 下図のように生産量シェアトップの農畜産物も多数。北海道は日本の食料基地として頑張っています。
 グリーンは、全国の皆さまにこうした北海道農業と生産者への理解を深めていただき、北海道産の農畜産物をおいしく味わっていただきたいと願い続け、号を重ねてきました。今号は記念すべき300号【下巻】として、皆さまにご協力いただいたアンケートをもとに編集しました。北海道農業を愛してくださる方々の応援メッセージをご紹介し、表紙を長年担当していただいた舟橋全二さんにもご登場願いました。「明日を耕そう」には3名の若手生産者さんが一挙に登場。そして料理のリクエストにもお応えしています。
 「ありがとう!」の気持ちをいっぱい詰めた1冊です。

※数値は「平成30年耕地面積(7月15日現在)」「平成30年農業構造動態調査」(農林水産省)による


生産量シェアトップの主な北海道農畜産物

生産量シェアトップの主な北海道農畜産物

※数値は農林水産省統計データより(平成29年)※小数点2位以下切り捨て



  1. SCENE1
    SCENE1
    グリーンはおいしい北海道を
    発信し続けます
  2. SCENE2
    SCENE2
    農業応援メッセ―ジ2019 森崎博之さん
  3. SCENE3
    SCENE3
    農業応援メッセージ2019 読者の皆さまからの声
  4. SCENE4
    SCENE4
    インタビュー 舟橋全二さん
  5. SCENE5
    SCENE5
    人気№1! いももちをつくろう

バックナンバー一覧に戻る

2019年1月号(No.300下巻)トップページ


GReen fan club ぐりんぐらん

メンバーの方には、お料理講習会・産地訪問ツアー・商品モニターなどのご案内を随時お届けいたします。

GReen 定期送付
GReenは農業王国・北海道をまるごと味わうホクレンPR誌。
北の大地のおいしさ・たのしさをたっぷり掲載しています。無料で定期送付させていただきます!

定期送付のお申し込み

北海道ブランド物語北海道ブランド物語
  1. 北海道の旨いもの取り寄せ帖
    北海道の旨いもの取り寄せ帖

ページトップへ

Loading...