GReen

ホクレン


TOPICS


  1. 今月の女子流 JAたいせつ 伊藤 美香さん
    お知らせ
    2019.01.07

    今月の女子流 JAたいせつ 伊藤 美香さん

    手を掛けなければ結果も出ない  「手を掛けた分の結果が待っているのが農業。そこが喜びであり、怖さでもあると感じるようになりましたね」  比布町に近い、旭川市東鷹栖町の農家の長女として育ちました。専門学校で介護福祉士の資格を取得し、同市内の福祉施設で5年間勤務しました。友人の紹介で、同じ東鷹栖町の農業後継者だった加津則さんとの交際が始まるのは、その頃です。 結婚したのは2004年8月です。農作業にもようやく慣れた4年目に待望の長女(小学5年)が生まれ、その後、次女(同3年)、三女(同1年)にも恵まれます。「妊娠、出産、育児のサイクルが続き、合わせて6年間も農作業から離れました。夫や義父母が懸命に働いている姿を間近で見ていたので、子育てのためとはいえ、ちょっと後ろめたい気持ちにもなりましたね」。  2歳になった三女を保育所に入所させた5年前、圃場に復帰します。アルバイトの女性と共にミニトマトやなんばん、ししとうなどの施設野菜の栽培を任されましたが、試行錯誤の連続だったといいます。  「鈴なりになったトマトを見て『わ~、たくさん実った!』って大喜びしたものです。でも摘果しないと栄養が分散して全体の品質が落ちてしまう。そんな(基本的な)ことも知らなかったんですよ」  失敗は工夫につながります。「作業手順や肥料を変えたり…。結果が出るとうれしいし、農業の楽しさを感じるようになりました」。 フレミズはかけがえのない組織  10年に旗揚げしたJAたいせつ女性部フレッシュミズ部会の創立メンバーの一人です。  「結婚してすぐに前身の若妻会組織『麦わら』に入会しました。生まれや育ちは違っても同じ地域に住み同じ農業に携わり、同じ世代として子育てや家事にも奔走。同じような環境で生きる仲間たちとは悩み事も相談し合えます。私、フレミズは若い女性農業者にとってかけがえのない組織だと思っているんですよ」   16年4月から2年間、同部会長を務め、同JA内にある和室で茶話会をほぼ2カ月に1度のペースで開きました。子どもたちも参加できるよう、お昼時に設定し、メンバー各自が得意料理を持ち寄り、テーブルを囲みました。同JA青年部が水田で生育している稲で、動物などを表現するイベント「田んぼアート」へのサポート態勢の打ち合わせも、この茶話会で行いました。   「ワイワイ話し合っているとアイデアが次々に飛び出します。青年部員の多くは私たちの配偶者です。夫のことを考えることで夫婦の絆も、いっそう強まったと思っています」   JAたいせつ 伊藤 美香さん  1978年生まれ。JAたいせつ女性部フレッシュミズ部会長を経て、昨年4月からJA北海道女性協議会フレッシュミズ部会副会長家族は夫の加津則さんといずれも小学生の長女、次女、三女経営は水田面積は約37ha。他にハウスでスイカやミニトマト、野菜苗などを栽培   「今月の女子流」とは?  \ 「今月の女子流」の紹介ページ /   フレミズとは?  \ JA全国女性組織協議会のWEBサイトへ / 

  2. 1月おすすめレシピ
    レシピ
    2018.12.27

    1月おすすめレシピ

    白菜レシピ特集 色々な食感を楽しんでみてください♪ 歯ざわりが良く、煮込むとやわらかい…。鍋料理や漬物には欠かせない白菜ですが、いろんな料理にあうんです♪ 1月のおすすめレシピはこちら!!  ●白菜と豚肉のゆず蒸し●白菜のレモンクリーム煮●白菜のリゾット●白菜の巻き巻き煮●白菜ロールのクリームスープ ▽▼おすすめレシピはこちらから▼▽

  3. 300号下巻の取材
    取材日誌
    2018.12.10

    300号下巻の取材

    写真担当の酒井です。取材は10月下旬に苫前町、11月上旬に厚沢部町へ行ってきました。 今回の移動はすべて車で、合計1300キロほど走りました。 苫前町までは、留萌市から海岸線沿いを北上します。その日は悪天候でみぞれ混じりの空。強風で波打ち際から波の華がフロントガラスに飛んできました。岩に砕け散った波が白い泡になっているのを見て、冬の日本海を実感しました。 そしてGReenの取材時いつも思うのですが、国道からさらに脇道に行く…。なかなか目的がないと行かないようなところが多いです。北海道中を知っているつもりでも、初めての場所がまだまだあります。 家の前のなんでもない交差点。強風で雲が流されて束の間の青空が見えました。向こうの丘は飼料になる草地です。 そして取材の帰りに寄った小平町の道の駅から見える海。(TOP画像)蝦夷地を「北海道」と命名した松浦武四郎翁の像が小さく見えます。  11月上旬の厚沢部町の取材時お昼によったカレー店。薪ストーブが燃えていました。横にあるりんご箱が懐かしい。 窓の外には、のんびり草を食べているやぎの姿も…。雪が降る前の穏やかなほんのひととき。 取材に行くと使われなくなった小さな木造校舎をよく見かけます。家具工房に変身したり生まれ変わっているところは幸せですね。 帰り道、羊蹄山が見える湖畔のレストランで夕食にしました。日が落ちるのが速い長い一日でした。

  4. 今月の女子流 JA阿寒 松下 恵さん
    ぐりんぐらん
    2018.12.03

    今月の女子流 JA阿寒 松下 恵さん

    牛に語り 和む心  「牛の様子を観察するのが好きなんです。そうして『今日はたくさん食べたね』なんて語りかけてやると、私の心も和むんですよ」 大都会の川崎市で生まれ育ちました。神奈川県内の同じ職場に勤務していた酪農後継者でもあった宗功さんと将来を誓い合い、5年前の2013年9月に180度違った環境の酪農女子としての生活が始まります。27歳のことでした。  未明に起床し、牛の寝床となる稲わらを新しいものに換え、搾乳やふん尿清掃などを終えて、朝食の支度に取りかかります。「当初は(稲わらを移し替えるための)フォークの使い方も分からず、腕や足腰がパンパンになりました」と大きな目を細めながら振り返ります。  酪農家は、朝とほぼ同じ作業を夕方から夜にかけて行います。「早起きは苦になりませんでした。でも仕事のリズム、要領がなかなかつかめず慣れるまでに時間がかかりました」と話します。  子牛にミルクを与えるのも大切な仕事です。5年の歳月でこの子牛たちが次々に親牛になっていきますが、「親牛になってもなついてくれるんです。言葉が通じなくても、分かり合えることってあるんだなと確信しています。思えば思われる、ですね」。 仲間と共に深める見聞  結婚した翌年、女性も入部できるJA阿寒青年部に宗功さんと一緒に入りました。地域の小学校に出向いて乳牛の特徴や酪農家の仕事を教える「出前講座」や、牧場体験を希望する大学生たちの受け入れなど、男性部員と共に活動を支えてきました。  女性の部員は、結婚後に酪農に携わったという人が少なくありません。親しくなっていくうちに「基礎から勉強したいね」と語り合うようになり、女性5人が集まり、16年に結成したのが牛の方言のベコにちなんで命名したグループ「Becotto(ベコット)」です。  ベコットでは、飼養に関する知識を学ぶ座学や十勝管内の牧場を訪ねる日帰り視察などで見聞を深めています。昨年は情報発信の一環で、釧路空港ロビーを会場に写真展も開きました。「メンバーが撮影した牧場の風景や酪農家の暮らしぶりをとらえた作品が中心でした。お客さんから好評をいただき、達成感もありました」。  同JA女性部フレッシュミズ部会には16年に入会しました。料理教室や視察研修など女性部全体で取り組む活動が多いといいます。「経験豊富な異世代の方々とも交流ができ、学ぶことが多いです」。  これからの目標について、間髪を入れずこう答えてくれました。 「子牛を大切に育て親牛にし、何度も子牛を産んでもらう―。夢は松下牧場の飼養牛全てを『松下ファミリー』にすることなんです」  JA阿寒 松下 恵さん 1986年9月生まれ。趣味は商品テストの結果を載せる女性雑誌を読むことと、テレビドラマの観賞。モットーは「何でも楽しむ」義祖父母と義父母、夫宗功さんと6人暮らし乳牛約90頭を飼養。牧草地やデントコーン畑を含めた経営面積は約50ha 「今月の女子流」とは?  \ 「今月の女子流」の紹介ページ /   フレミズとは?  \ JA全国女性組織協議会のWEBサイトへ / 

  5. 12月のおすすめレシピ
    レシピ
    2018.11.30

    12月のおすすめレシピ

    寒い冬に温まるチーズ料理特集 じゃがいもやワインに合わせて美味しく♪ チーズを溶かして、あつあつのうちに食べて温まりましょう!他にもチーズを使ったレシピがたくさん!!是非、GREEN KITCHEN でレシピ検索してみてください♪ 12月のおすすめレシピはこちら!!  ●じゃがいものカレー風味グラタン●2種のチーズクレープ●グリルチキンのブルーチーズサラダ●じゃがいもとカリフラワーのチーズ煮●チーズ入りホットサラダ ▽▼おすすめレシピはこちらから▼▽

  6. 地平線が丸く見えるまち、中標津へ。
    取材日誌
    2018.11.22

    地平線が丸く見えるまち、中標津へ。

    こんにちは、ライターの土門です。  時間がたってしまいましたが、10月上旬に取材で道東の中標津町におじゃましました。 札幌から道路をたどるとおよそ390km! 今回は日帰りだったため、朝一番の飛行機に乗りました。 プロペラ機で新千歳空港〜根室中標津空港はあっという間の40分。 お天気に恵まれ、飛行中ずっと下界(笑)の風景を見渡すことができました。 飛行機が日高山脈を越えると十勝平野が見えてきます。 市街地の周りは、海に至るまで一面の畑。さすが十勝です。 中標津町が近づくと、上のタイトル部分のような風景が。 畑を区切っている太い線は格子状防風林といって、風や雪から畑や牧草地を守っています。 幅広い林の帯が格子状にめぐらされた規模の大きなもので、大正〜昭和にかけて植えられたそうです。「北海道遺産」にも指定されています。 間もなく着陸という時点ではポコポコと並ぶカラマツが確認できますね。(どの写真も飛行機の窓の映り込みがあり見苦しいのですが、お許しください) 中標津町でいちばん有名な観光スポットは「開陽台」。 地平線が丸く見える(!?)場所として人気で、格子状防風林も見ることができます。 人より牛の方が多い酪農のまち中標津町は、地元の素材を使ったおいしいうどん屋さんやパン屋さん、おしゃれなカフェや雑貨店などもあり、とても楽しいところです。 皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか。 この日に撮った写真をもう1点。 こちらは、夕方近くに、中標津町の空に現れた日暈(ひがさ)です。

  7. 11月号の取材
    取材日誌
    2018.11.09

    11月号の取材

    誌面構成担当の井上です。 300号上巻の特集、天候にも恵まれ晴天の中、旭川市の取材に同行してきました。 当日は、9月下旬ということで、稲の収穫作業が真っ盛りでした。 黄金色の稲穂が広がる風景は、清々しく北海道らしいものでした。  (TOP画像) 取材先は女性でしたが、子育てと農作業を両立しながらのたくましい方でした。 そして本誌にも写真が掲載されていますが、自宅近くにある大きな栗の木が印象的でした。 かなりの樹齢と思われましたし、周りの田園風景と溶け合い歴史を感じる木でした。 取材終了後には、スタッフも栗を拾わせていただき、思わぬご褒美をいただきました。 農作業の忙しい中、取材にご協力いただいた生産者のみなさまには、 深く感謝をしたいと思います。 農業を取り巻く環境には厳しいこともあり、また、作業も大変ですが、 家族が互いに支えあって楽しく作物をつくる姿を見ていると、 心温まる思いがしますし、勇気をいただきます。 これからも生産者の皆様にエールを送り続けていきたいと思います。

  8. GReen№300上巻発行
    お知らせ
    2018.11.07

    GReen№300上巻発行

    ホクレンPR誌「GReen」№300上巻を11月1日に発行しました。 【特集】北海道の大地はおいしさと夢を育てている 記念特集では、若手リーダー格の生産者3人にインタビュー。ご自身の農業だけでなくJA青年部・JAフレッシュミズでも活躍されるなど、これからの北海道農業を担っていく方々です。次代の農業を感じてください。「特集ページ」を見る with Sugar「豆のシュトレン」 生地には上白糖、トッピングにはグラニュ糖。ドライフルーツの代わりに豆を使い、北海道らしくアレンジしました。 「with Sugar」の一覧ページを見る  GREEN KITCHEN「東海林先生のおもてなし」 人が集まるとき、どんなお料理でおもてなししていますか。このページを担当する料理研究家の東海林宅では、気取らない大皿盛りでワイワイと。お酒が進み、おしゃべりが弾みます。 「GREEN KITCHEN」の一覧ページを見る 

  9. 今月の女子流 JA中札内村 宮部 奈緒子さん
    ぐりんぐらん
    2018.11.05

    今月の女子流 JA中札内村 宮部 奈緒子さん

    ふるさと学ぶ子ども農業体験   「農業って、家族の働く姿が間近にあります。それは子どもにとって素晴らしい環境だと思うんです」と笑みをこぼします。帯広のサラリーマン家庭で育ちました。6歳から習っている書道は教授免許を持つ腕前で、札幌のエステティックサロンでエステティシャンとして約5年間勤務していた経験もあります。   幼なじみの結婚披露宴に出席し、そこで友輔さんと知り合い、2011年11月にゴールインしました。「(生産者は)ご近所の関係が濃く、私も子育て世代のお友だちがたくさんできました」。   5年前にJA中札内村の「フレッシュミズたんぽぽの会」に入会しました。参加率の高い2回の研修会をはじめ多彩な活動に行っていますが、特に8月には青年部が企画・運営する合同事業、子ども農業体験と中札内村も参加する食育体験があり、たんぽぽの会も精力的に活動に参加しています。「この食育活動を通じて農業をもっと身近に、そして食の大切さを感じてもらいたいですね」と話します。  同JAはえだまめの収穫後3時間以内に加工処理する冷凍製品「そのままえだ豆」で、第45回日本農業賞で大賞を受賞しています。農業体験では、青年部メンバーの圃場で刈り取りをした後、中札内小で村の食育サポーターと一緒に調理実習も行っていて「ふるさと学習にもなっているんです」と話します。 GPS搭載のトラクターをテーマにした研修会での写真   いつか経験を生かしたい   宮部家では、ながいもも作付けしており、秋は収穫作業が大変です。「畑から抜いたり、コンテナに詰めたりなど人の手が必要。私も貴重な働き手です」とにっこり。今年はJA十勝地区女性協議会フレッシュミズ部会(加盟17団体)の部会長を務めていますが、ながいもの収穫を終えた11月は、大忙しになりそうです。まず同部会が交流集会として開催する今年で3回目の運動会があります。「普段、家事や育児、仕事で忙しいフレミズ会員がリフレッシュしてもらえるよう、入念な準備をしなければ」と話します。 また、村民体育館を会場に、村の一大イベント「収穫感謝祭」があり、たんぽぽの会も飲食ブースに出店し、祭りを盛り上げます。「3000人以上が訪れ、その多くが村外からの来場者。特産品を売り込む絶好の場です」と気を引き締めます。  「冬期間は比較的自由な時間が取れます」が、子育てが一段落した後の願いを、こう話してくれました。   「女性にとって日焼けやエイジングケアなどは重要なことです。いつか私の経験を生かせるチャンスがあれば良いなと思っています」  JA中札内村 宮部 奈緒子さん  帯広市生まれ札幌市内の美容専門学校卒業後、アロマエステサロンに勤務2011年に友輔さんと結婚家族は義理の祖母と義父母、夫、子ども2人(5歳男児、1歳男児)小麦、えだ豆、長いもなどの畑作農家。経営面積は約46ha 「今月の女子流」とは?  \ 「今月の女子流」の紹介ページ /   フレミズとは?  \ JA全国女性組織協議会のWEBサイトへ / 

  10. 11月のおすすめレシピ
    レシピ
    2018.11.02

    11月のおすすめレシピ

    寒い朝にもピッタリ!パン特集 朝食に…パンのアレンジ楽しんでみてください♪ 手間がかからず手軽に作ることができるパンメニューから、ちょっと贅沢にしっかり作るものまで・・・是非いろいろ試してみてください♪ 11月のおすすめレシピはこちら!!  ●クリームソースホットドッグ●キャベツトースト●チキンのホットサンド●金時豆のベーグルサンド●パンサラダ ▽▼おすすめレシピはこちらから▼▽

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. NEXT

GReen fan club ぐりんぐらん

メンバーの方には、お料理講習会・産地訪問ツアー・商品モニターなどのご案内を随時お届けいたします。

GReen 定期送付
GReenは農業王国・北海道をまるごと味わうホクレンPR誌。
北の大地のおいしさ・たのしさをたっぷり掲載しています。無料で定期送付させていただきます!

定期送付のお申し込み

北海道ブランド物語北海道ブランド物語
  1. 北海道の旨いもの取り寄せ帖
    北海道の旨いもの取り寄せ帖

ページトップへ

Loading...