ホクレン

文字サイズ

MENU


購買事業

生産者所得の向上と持続可能な営農を確立するため、
さらなるコスト低減に取り組むほか、
ライフライン確保により生産者・地域のニーズに対応した事業運営をはかり、
北海道の農業を力強く支えます。

購買事業
ワイドユース せひラクシリーズ

「ワイドユース」と「せひラクシリーズ」。
新しいオリジナル肥料の販売を開始。

農産物の生産現場において、省力化や営農コストの低減は常につきまとう課題です。特に昨今は、農業人口の減少や経営規模の拡大が進み、それが急務になっています。ホクレンでは、肥料や農薬への取り組みを通し、よりよい農業の実現に努めています。
2017年よりBB肥料の継続的な普及に加え、安価で幅広く使える「ワイドユース」と、高窒素成分で省力化が見込める「せひラクシリーズ」という新商品の提供を始めています。「ワイドユース」は、北海道内の土壌成分の傾向を基に設計した、幅広い作物に使える汎用性のある化成肥料です。
作物が必要とする肥料成分のバランスを基に銘柄数を集約し、北海道内の化成肥料メーカー4社との交渉により、製造時期を集中させた大量生産および一括納品を実現することで、同成分の化成肥料よりも安価な肥料となりました。
「せひラクシリーズ」は、窒素成分が高いため、一般的に使用されている肥料に比べて施肥量の約3割削減がはかれます。利用者からは「側条肥料の補給回数が半分になり、畦まで運んでくる家族にも楽だと喜ばれた」「省力化できた」といった声が届いています。

ジェネリック農薬 ドローン

ジェネリック農薬の取り扱い品目を追加。

一方、農薬は、ジェネリック農薬の取り扱いを拡大しています。従来の取り扱い品目である「グリーンぺンコセブ」「ジェイエース」「クサトリキング」に加え、2017年には、てん菜除草剤「ビートアップフロアブル」の新規取り扱いを開始しています。ジェネリック農薬とは、特許が切れて第三者による製造販売が可能となった農薬のことです。開発費を削減できることから先発品より価格が安く、農薬費用の低減に向けた有力な手段となっています。
2017年4月には、農薬登録制度が改定され、開発に関する毒性試験と一部の残留試験が不要になり、さらなる開発費の低減が見込まれています。農薬は病害虫や雑草から農産物を守り、一定の品質と収量を維持するために不可欠なものです。これからも北海道の防除に必要な品目に取り組んでいきます。

うぃずONE

「うぃずONE」で水稲育苗ハウスを有効活用。

1年のうち数カ月しか使わない水稲育苗ハウスを有効活用したい。ハウスの遊休期間にトマトを簡易栽培するJA全農式トロ箱養液栽培システム「うぃずONE」は、そんな米生産者の潜在的ニーズに応えた商品です。販売開始2年目の2017年の導入実績は全道で22件41棟。さらなる普及拡大を推進していく予定です。

「予約購買」でよりよい資材をより安く安定的に。

生産者の営農コスト低減に向けた基本の取り組みとして「予約購買」があります。肥料、農薬、包装・農業資材はより早い時期に全道のJAを通じて取りまとめを実施。予約数量をもとに価格交渉を行うことで、価格の引き下げを図っています。これからも生産者のみなさまに必要な資材を、より安く安定的に届ける役割を果たしていきます。

予約購買を基本とした生産資材の取り扱い
トラクター1 トラクター2

自動操舵補助装置付GPSトラクターやドローンなど、新技術の普及で労働力不足の解決へ。

作業の軽減や労働時間短縮につながる新しい技術の導入は、高齢化や規模拡大による労働力不足の解決策になりえます。ホクレンでは、北海道やJAと連携してセミナーや情報提供を行うなど、最先端技術の普及に努めています。
ここ数年は、自動操舵補助装置を搭載したGPSトラクターを取り入れる農家が増えてきました。トラクターは本来まっすぐに走らせることが難しいものですが、これだと手放しでもまっすぐに進むため、運転がラクになり、運転が不慣れな方でも、運転技術をサポートしてくれます。また、農薬散布用のドローンにも関心が集まっています。 効率的かつ適期の防除が可能になることから、各地のJAから導入を前向きに検討する声が聞こえています。ホクレンでは、早期の実用に向け、メンテナンスの援助やオペレーターの育成をサポートしたいと考えています。

石油出荷体制

暮らしと営農を守る石油出荷体制。

ガソリンや灯油、軽油は暮らしと営農に欠かすことのできない燃料油です。ホクレンでは苫小牧、留萌、釧路の石油基地で貯蔵し、全道約270カ所のホクレンSS、JAOC(農協広域石油宅配センター)、JA備蓄タンクを経由して販売しています。近年は物流体制を再構築し、コストを最適化することで、さらなる安価・安定供給に努めています。

移動販売車 小型店舗「Aマート」

農村地域の生活を便利に。
移動販売車「実り恵み号」と小型店舗「Aマート」。

高齢者の買い物支援や農村地域のライフライン確保に貢献しているのが、2014年より導入した移動販売車「実り恵み号」と小型店舗「Aマート」です。「実り恵み号」については、トラックタイプが5台稼働していますが、地域の要望に応えた金融窓口を併設したタイプへの支援や、車両費用の抑えられたワゴンタイプの導入を支援しています。ローコストでの運営が可能な「Aマート」は、2016年~2017年に壮瞥店、標津店、こたんべつ店がオープンし、現在北海道内で6店が営業中。2018年には新たに3店舗の導入を予定しています。


関連リンク

  1. 米穀事業本部
  2. 農産事業本部
  3. てん菜事業本部
  4. 資材事業本部
  5. 農業総合研究所
  6. 商品カタログ
  7. 北海道のお米外部リンク
  8. てんさい糖外部リンク

ホクレンの活動

  1. 販売事業
  2. 購買事業
  3. 営農支援
  4. CSR活動
  5. ホクレンの活動TOP