ホクレン

文字サイズ

MENU


販売事業

北海道の安全・安心な農畜産物を全国の消費地へお届けしたい。
そのような生産者の「努力」と「想い」に応えるべく、
ホクレンではさまざまな事業を展開することにより、
生産者・消費者をしっかり結び付けてまいります。

畑から始まる北海道産にこだわったホクレンオリジナルの豚肉が登場

豚肉新商品発表会

飼料から一貫して北海道産にこだわり
北海道産原料98%の飼料で肥育した「とうきび豚」

北海道で生産される原料を用いて、北海道産の畜産物を育て、消費者に喜んでいただく。それこそがホクレンの大きな役割であるという志のもと、集荷、製品開発、販売に携わる部門が連携。「付加価値販売プロジェクト」を発足し、飼料から北海道産生産物を使った「畑から始まる北海道産にこだわった豚肉」の生産、販売に励んでいます。2016年に本格的に販売を開始した「とうきび豚」は、北海道産生産物を98%配合した飼料「道産98ポーク」で肥育されたSPF豚です。「道産98ポーク」は、日本の飼料原料のほとんどを海外に頼っている現状から脱しようと栽培を始めた子実とうもろこしを中心に、きな粉、麦、玄米などを配合。改良を重ね98%まで北海道産原料を用いたという点で、特別な養豚用配合飼料です。

付加価値販売プロジェクト
北海道産素材の安心感PR

「北海道産素材の安心感」を訴求し、販路を拡大

そのような「北海道産素材の安心感」という付加価値を持つ「とうきび豚」ですが、試食会では「肉質がやわらかい」「脂身の臭みがない」といった食味の好評価も得られています。現在は北海道内の「Aコープ」や「コープさっぽろ」などで販売しており、今後はさらなる販路拡大に向けて、グルメイベントやラジオ番組なども利用し広くPRしていく予定です。これからも、生産者の所得向上や消費者への安全・安心な商品販売、食料自給率向上に貢献できる付加価値の高い食肉の製品化に向けて取り組んでいきます。

う米豚 う米豚

おいしさを追求した「う米豚」と「旨み麦豚」

北海道産飼料米を与えて肥育した豚肉の「う米豚」や北海道産小麦を与えた「旨み麦豚」など、ホクレンではJAや生産者と協力し、食味にこだわった付加価値の高いブランド豚肉の開発をしています。これらはホクレン食と農のふれあいファーム「くるるの杜」や「ホクレンショップ」で販売し、ワンランク上の豚肉として認知度、人気を伸ばしています。

北海道生まれの良質な農畜産物を海外へ輸出。

北海道生まれの良質な水と米

北海道・コメ関連品の輸出を推進

パールライス部では輸出に取り組み始めて4年目となります。輸出先も確実に増加し、ホクレンの精米が食べられる箇所も増加しています。日本とは違い、海外諸外国では外食文化が盛んであり、業務用ユーザーの獲得がカギとなります。一方で業務用は価格がシビアであり、タイ米や中国米、さらには日本の他府県産米との勝負となり、厳しい商談となるケースが幾度となくあります。現在の輸出先である「シンガポール」「タイ」「香港」においては、現地実需先に対してきめ細やかな対応を行うことで、少しずつ確実に導入先を増やしています。今後も定期的な各国ユーザーへの推進を行い、ホクレン商品の販売拡大を行ってまいります。

北海道産牛肉

東南アジアを中心に北海道産牛肉の輸出を促進

安全・安心な日本の食材への需要が高まっている東南アジア諸国の飲食店に、交雑牛と乳用種肥育牛の牛肉を「Hokkaido BEEF」として輸出しています。2012年からシンガポール、2013年からタイ、2015年からベトナムへ、そして香港へは豚肉も輸出。牛肉と豚肉を合わせた2017年の輸出実績は約65トン。また北海道産牛肉をさらに活用してもらうため、牛肉の正しい切り方を英語で説明した「カッティングガイドブック」を制作。2016年にはDVDも用意しました。ガイドブックでは伝えきれない細かな部分を映像で見てもらうことで、より北海道産牛肉に親しんでもらいたいと考えています。

最高金賞ゆめぴりか

最高金賞ゆめぴりかを北海道外の米穀店へ

生産技術やおいしさを競う品評会「ゆめぴりか」コンテスト2017で、最高金賞米に輝いた「留萌管内」の「ゆめぴりか」を北海道内において数量限定で販売。また、北海道外ではこだわりの米穀店および「北海道どさんこプラザ有楽町店」で3合パックが販売され、ギフトとして購入されるなど好評でした。

ゆめぴりか

「とろりんぱっ」のパッケージをリニューアル

発売から20年以上のロングセラーとなる、顆粒片栗粉「とろりんぱっ」のパッケージをリニューアルしました。新しいパッケージには、原材料が北海道産の馬鈴しょでん粉100%であることを文字と絵柄でしっかり表現。消費者の知りたい情報をわかりやすく伝えることを心がけました。他にも面倒な水溶きが不要であることを明記し、用途がひとめで伝わるよう調理例の写真を掲載。ボトルも持ちやすい形状に変わっています。

冷凍枝豆

時短でおいしい北海道産馬鈴しょの冷凍食品

調理の手間が省けて、なおかつおいしく食べられる。2017年は、そのような新たな馬鈴しょの冷凍食品がふたつ誕生しました。ひとつは「よくねたいもポテトサラダベース」。ホクレンのオリジナルブランド野菜「よくねたいも」を茹でてつぶしたもので、電子レンジで解凍してポテトサラダやコロッケなどに使えます。またもうひとつ「産直北海道産メークインで作ったレンジじゃがバター」は、関東圏の「コープデリ」でのみ販売。皮つきのまま1個1個手切りしたメークインと「よつ葉バター」を一緒に真空パック。電子レンジで温めるだけで、おやつやおつまみができあがります。どちらの商品も、製造はJAめむろの子会社「ジェイエイめむろフーズ」にお願いしました。

いろいろあります、ホクレンのオリジナルブランド野菜

栽培技術や食味、発売時期などに特徴を持たせた、ホクレンのオリジナルブランド野菜をご存じでしょうか。CA貯蔵で長期熟成させ甘みを引き出した「よくねたいも」。生でも甘みのあるサラダ用玉ねぎ「真白」。冬至の頃にほくほくおいしいかぼちゃ「りょうおもい」。果物のようにデザート感覚で食べられる「ふるふるの実」。特別栽培のカーボンオフセット商品「環(めぐる)」。これらはすべて生産者と消費者、ホクレンが一体となって生み出した物語のある野菜です。

野菜

関連リンク

  1. 米穀事業本部
  2. 農産事業本部
  3. てん菜事業本部
  4. 資材事業本部
  5. 農業総合研究所
  6. 商品カタログ
  7. 北海道のお米外部リンク
  8. てんさい糖外部リンク

ホクレンの活動

  1. 販売事業
  2. 購買事業
  3. 営農支援
  4. CSR活動
  5. ホクレンの活動TOP