ホクレン

文字サイズ

MENU



ホクレンのたね

Webブックを見る
掲載内容

※取扱品目の詳細についてはお近くの農協またはホクレンにお問合せください

◎栽培技術情報

- 麦類を用いた春更新同伴栽培

草地更新時に牧草と麦類を同時に栽培する方法。麦類は牧草より早く生育するので

雑草抑制効果が期待されますし、播種当年の収量性も向上します。

牧草は麦類収穫後に旺盛に生育。播種翌年も高い収量性が期待できます。