ホクレン

MENU


近況レポート

ホクレン女子陸上競技部 トップページ近況レポート

近況レポート


  1. 2020.04.01レポーター:長渡 憲司

    新年度に向けて

    日頃よりホクレン女子陸上競技部に対し、温かいご声援を頂き、ありがとうございます。新年度最初の近況レポートを担当します監督の長渡です。  ホクレン創立100周年を迎えた昨年、「100からの出発」というスローガンの下、初心に返り、新たな歴史を刻めるように強いチーム作りを目指してきましたが、個人成績・自己記録更新はおろか、これまで15年連続出場してきた全日本実業団女子駅伝(クイーンズ駅伝)への出場を逃し、これまで積み重ねてきた歴史を止めてしまいました。  この「負け」というのは監督である私の責任はもちろんのこと、チーム全員で真摯に受け止め、もう一度、全国で戦えるチームを目指すことを確認しました。 先月31日に新体制発表があり、新戦力として保坂野恋花選手(東京農業大学出身)、田鎖慶大コーチが加わり、選手10名・スタッフ4名、計14名での新チームスタートとなりました。  北海道で作られた美味しく栄養満点の食材をしっかり食べ、恵まれた環境で泥臭く練習に励むことに拘りを持って、もう一度、上昇気流に乗せて選手と共に感動をお届けできるように頑張ります。  現在の世界を取り巻く環境は非常に厳しく、いつ普段の生活に戻れるのか見通せない状況かと思います。早く収束することを願い、自分たちにできることを徹底しながら、再びレースで元気に走る姿をお見せできるように可能な範囲でトレーニングを継続し、その時を待ちたいと思っております。 「令和」という新しい時代になりましたが、これまでと変わらずホクレン女子陸上競技部へのご支援・ご声援の程、宜しくお願い致します。

    続きを読む

  2. 2020.04.01レポーター:牧野 あや

    退部した牧野選手より

    3月31日に退部いたしました。 わずか1年間ではありましたが、監督、コーチ、マネージャー、選手、ホクレンの関係者、応援してくださった北海道及び生産者の皆様には大変お世話になりました。 走りで貢献することはできませんでしたが、実業団という貴重な経験をすることができ、私の人生のプラスにもなったのでホクレン女子陸上競技部として活動できてよかたと思っています。今まで本当にありがとうございました。 これからもホクレン女子陸上競技部の応援をよろしくお願い致します。私も応援しています。

    続きを読む

  3. 2020.02.21レポーター:相川 志織

    種子島合宿

    こんにちは。今回レポートを担当させていただきます。マネージャーの相川です。2月中旬となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?少しずつ春らしくはなってきましたが、新型コロナウイルスが騒がれていたり、風邪やインフルエンザまだまだ油断ができない状態が続いていますね。今私達は、宮崎から移動し2/17〜2/23の期間種子島で合宿をしています。3月にマラソンを控えている選手もおり、距離走等の練習メニューを良い環境の中こなしています。(写真は種子島での練習風景)3月は名古屋ウィメンズマラソン、玉名ロードレース、まつえレディース ハーフマラソンに出場予定です。また、私は2月初旬少しだけ札幌に戻りました。今年はあまり雪が降っていないと聞いていたのですが、さすが北海道!本領発揮しており、私より背の高い雪が歩道に積み上げられていて驚きました!また雪も真っ白でさらさらとしていて踏んだ感触も地元東京とは全然違いとても上質な気がしました。北海道はこれからも寒さが続きますが、道民の皆様、生産者の皆様寒さに負けず頑張ってください。私達も頑張ります☆お仕事もご家庭も年度末でバタバタとし、学生さんも卒業や新しい環境へと変わる時期になってきましたが、体調崩されませぬようご自愛ください。引き続きホクレン女子陸上競技部の応援を何卒よろしくお願いいたします。

    続きを読む

  4. 2020.02.07レポーター:河辺 友依

    合宿真っただ中

    こんにちは!今回レポート担当するのは河辺です!2月になりましたね。今年は暖冬で雪は例年より少なそうですが新型コロナウイルスの方が怖いですね。北海道の皆さん、生産者の皆さん、体調には十分注意して下さいね。さて、私達は1月下旬から2月上旬にかけて徳之島で合宿をしました。雨風が強く辛かったですが、海が綺麗でご飯も美味しくて(特に大学芋♡)充実した練習が出来ました。私は昨年怪我が多かったのですが最近やっと続けて練習に取り組めるようになり、皆と走れた時は心から「楽しい」と思う事が出来ました。それだけでもすごく辛かったリハビリも頑張ってよかったと思えました。昨年は落ち込んで監督やコーチ、マネージャーにたくさん心配をかけた分今年は走りで倍返しの感謝をしていきます。 これからもホクレン女子陸上競技部の応援よろしくお願いします(^^) ※上:合宿中の食事  下:フリーの日に皆で散歩に行ったときの一枚

    続きを読む

  5. 2020.01.24レポーター:加藤 凪紗

    感謝の気持ちをもって・・・

    1月ももう終わりますが…、あけましておめでとうございます!遅くなりましたが新年1発目のレポートは加藤凪紗が担当致します!2020年になりまして、私は早速初〇〇をしました!…それは何かと言うと初年越し合宿です!12/30から宮崎市でチームで合宿を行なっていて、皆で年を越しました。年越しは、毎年実家で24:00まで起きて歳を越す瞬間にジャンプをしていましたが、次の日も練習があったので21:30には夢の中でした(笑)朝起きて、朝練習の時、皆に「おはようございます」ではなく「あけましておめでとうございます」と言うのは何だか新鮮でした☆今回の合宿では栄養士さんが帯同して、3食の献立を考えて作ってくださってます!栄養バランスのとても良い食事を毎日美味しく食べれています( ‘-^ )(写真は私の中で今ブームがきている鯖が出た夕飯です)(ちなみに、この時の夕飯のご飯やおかずにかかっているものは、前に近況レポートでも紹介したテフです!)その時の食事が終わっても、また次の食事の準備や献立を考えてくれて、休む暇が無いくらいサポートして頂いてます。そんな栄養士さんが少しでも休めるように、選手が2人1組ペアになり食器洗いを手伝っています。私は不破とペアなのですが、タイムを測りながら洗っています(笑)こうすると食器洗いがとても楽しく行えます! ですが、早く洗えていても汚いと意味が無いので、丁寧かつ綺麗かつ早くをモットーにしています(笑)こうして食事のお手伝いをすると、食事の大切さと準備や後片付けの大変さが身に染みて感じる事が出来ます。私は、高校まで自宅で過ごしていたのですが、同じメニューの物が出ると、「またこれ~?」と文句ばかり言っていました。今思うと毎日毎日食事を考えてくれていた母に申し訳ないと思います。母もそうですが、栄養士さんだったり、トレーナーさんだったり、私達は沢山の人に色んな面からサポートして頂いているんだなと思いました。そのお陰で競技により集中して取り組める事が出来ているので、感謝の気持ちを持って競技に取り組んでいきたいと改めて感じる事が出来ました。終わりになりますが、2019年は個人としてもチームとしても苦しい結果に終わりました。2020年、オリンピックイヤーとして応援してくれている皆さんに結果で恩返しをしたいと思います。2020年もどうぞホクレン女子陸上競技部をよろしくお願いします。

    続きを読む


  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. »

ページの先頭へ

ページの先頭へ