ホクレン

MENU


近況レポート

ホクレン女子陸上部 トップページ近況レポート『覚悟と挑戦』

近況レポート


2018.04.02レポーター:長渡 憲司

『覚悟と挑戦』

日頃よりホクレン女子陸上競技部に対し、温かいご支援・ご声援を頂き、ありがとうございます。この4月より、監督を務めることになりました長渡です。ホクレンに入部し3年半が過ぎ、他の実業団チーム時代も含めると10年以上、女子チームのコーチとして指導し、多くの事を学ばせて頂きましたが、立場の変化に責任の大きさを日々、感じています。

創部30年を超える歴史があり、オリンピック選手も輩出してきた伝統のあるチームの指揮を執ることは全く想像もしていなかったことですが、新たな歴史を刻めるように頑張ります。

先月、28日には新年度に向けた新体制の発表を行いました。監督以外にも主将も新しく代わり、また、新戦力として2名が加わり、選手10名・スタッフ5名の計15名でスタートします。

スタートに先駆けて新米監督の下では色々、不安は尽きないものと思い、目標を見失わないようにとチームスローガンを決めました。今年は『覚悟と挑戦』です。目標達成の為に覚悟を持って取り組もうということと、失敗を恐れず果敢に挑戦しようという想いを込めたものです。

北海道で作られた美味しく栄養満点の食材をしっかり食べ、恵まれたトレーニング環境で力をつけ、選手と共に再び、感動をお届けできるような明るく元気なチーム作りを目指します。

新しく生まれ変わるホクレン女子陸上競技部ですが引き続き、ご支援・ご声援の程、宜しくお願い致します。



ページの先頭へ

ページの先頭へ