vol.2 「第8回とかち農業・農村フォトコンテスト」篇
写真館

表情豊かな「農」あるシーンをお届けするGREEN写真館。
今回は、「第8回とかち農業・農村フォトコンテスト」十勝の農村景観部門の入賞作品をご紹介します。

vol.2
「第8回とかち農業・農村フォトコンテスト」篇

今回、十勝の農村景観部門のグランプリに輝いたのが、こちらの写真。
大地に波が打ち寄せているような、美しくも不思議な景観。
植えたばかりのスイートコーンと、ビート(てん菜)の苗だとか。
一緒に写っている農家さん、小さいですね。それだけ畑が広い!というわけです。

「大地のウェーブ」と名付けられたこの作品は、
芽室(めむろ)町の粟野秀明さんが地元で撮影したものです。

準グランプリは、帯広市の高校生・杉本奈々さんの作品「差し込んで」。
牛が吐く息の白さが、十勝の厳しい自然と農業の力強さを物語っています。
牛をシルエットで写したり、アングルを低めにしたり、
撮影テクニックも光っていますね(撮影地:幕別(まくべつ)町)。

何かが始まりそうなドラマチックな色調、構図が魅了する、優秀賞の「朝仕事」。
更別(さらべつ)村の菅野政一さんの作品です(撮影地:更別村)。

優秀賞の「ワイン畑の秋」は、音更(おとふけ)町の三浦早智子さんの作品。
色づくブドウの向こうに、池田(いけだ)町の「ワイン城」が見えますね(撮影地:池田町)。


「農」をテーマに、十勝の魅力を全国に発信する「とかち農業・農村フォトコンテスト」。
ホームページには、「十勝の農村景観部門」と「農業王国 十勝の人部門」の
入賞作品が公開されていますので、ぜひご覧ください!


> とかち農業・農村フォトコンテスト ホームページ