Vol.17 生産者さんの仕事道具 編
写真館

生産者さんのまわりには、いつ、どんな時に使うのか、
見ただけでは想像がつかない、珍しい農具があります。
取材でお世話になった生産者さんからお借りして
撮影した仕事道具の写真とともに、その用途をご紹介します。

vol.17
生産者さんの仕事道具 編

手前にある泡だて器のような道具は「金ぐし」と呼ばれ、
2つのブラシ同様、牛のブラッシングに使います。

かゆいところに手が届かない牛に代わって、
飼い主さんがゴシゴシ。汚れも落とせて一石二鳥です。

これは、レッドビートの生産者さんの仕事道具。
収穫包丁の一種で、三日月のような刃の外側が
ノコギリのようにギザギザになっています。
手前に引く鎌と違って、向こうへ押して刈るので安全だそう。

これは、ある果物の生産者さんに欠かせない三点セット。
左は傷んだ部分を削る道具、中央と右は剪定するノコギリとハサミです。

道具たちの定位置は生産者さんの腰。
さて、ある果物とは…? 答は、りんごでした。
  
  
生産者さんしか知らないこと、生産者さんから教わったことは、まだまだいっぱい。
これからも、さまざまなテーマで発信していきます。