Vol.1
にらタコス

chiobenの
映える!旬レシピ

目にもおいしい料理を作る天才、chioben<山本千織>さんが、連載で登場!
北海道の旬の素材を自由な発想で調理し、おしゃれに盛り付ける、オリジナルレシピを教えてくれます。
思わず写真を撮って自慢したくなる、映える一品。ぜひお試しください!

春にらをたっぷりと!
Vol.1 にらタコス

[1個分 約221kcal]所要時間:約1時間(生地を休ませる時間は除く)

春にらをたっぷりと!<br/>Vol.1 にらタコス

材料(8個分)

●トルティーヤ生地

にら 50g
カップ1/2
オリーブオイル 大さじ1
【A】
薄力粉 120g
とうもろこし粉 80g
砂糖 小さじ1/2
小さじ1/2

●にらそぼろ

オリーブオイル 小さじ2
クミンシード 少々
合いびき肉 100g
しょうが
(すりおろす)
10g
高菜漬け
(みじん切り)
40g
少々
大さじ2
1/2カップ
スパイス
(カイエンペッパー、 コリアンダーシード、 クミンパウダー)
※あるものだけで可
各少々
にら(みじん切り) 50g

●フムス

大豆(ゆでたもの) 100g
無糖ピーナツペースト 大さじ1
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ2
レモン汁 大さじ2
(1/2個分)
クミンパウダー 小さじ1/4
小さじ1/2

作り方

●トルティーヤ生地を作る

  • にらはゆでて水に取り、水気を切ってザク切りにする。水と一緒にミキサーに入れ、「にら水」を作る。
  • ボウルにAを混ぜ、オリーブオイルを入れ、①の「にら水」(使用量130ml)を混ぜていく。
  • ②をなめらかになるまで練り、ラップに包み、冷蔵庫で1時間以上休ませる。
  • ③を約50gのボール状に分ける(8等分)。それぞれをクッキングシートにはさんで伸ばし、さらにめん棒で薄い円型にする。
  • テフロンのフライパンなどで④の片面を中火で焼く。表面が変色してきたら、裏返して焼く。(片面約1、2分)

●にらそぼろを作る

  • 鍋にオリーブオイル半量とクミンシードを入れ、低温で熱する。
  • 香りが立ってきたら、合いびき肉・しょうが・高菜漬けを順に入れて炒める。
  • 合いびき肉に火が通ったら、酒と塩、水を加え、中火から弱火でなじませるように炒める。
  • 水気がなくなったら、スパイスを加え、味を調える。
  • 最後ににらを入れ、オリーブオイル半量を回し入れ、すぐ火を止める。

●フムスを作る

  • すべての材料をフードプロセッサーに入れ、ペースト状にする。
    (フードプロセッサーがなければ、すり鉢で大豆から順にすりつぶし、後から液状のものを加えていくと、なめらかになる)
  • トルティーヤに、にらそぼろ、フムスをのせて、はさむ。