Vol.20
トマトとアスパラのサラダつけ麺

chiobenの
映える!旬レシピ

目にもおいしい料理を作る天才、chioben<山本千織>さんが、連載で登場!
北海道の旬の素材を自由な発想で調理し、おしゃれに盛り付ける、オリジナルレシピを教えてくれます。
思わず写真を撮って自慢したくなる、映える一品。ぜひお試しください!

赤と緑の元気野菜で、夏の麺料理をおしゃれに。
Vol.20 トマトとアスパラのサラダつけ麺

[1人分 約633kcal]所要時間:約20分

赤と緑の元気野菜で、夏の麺料理をおしゃれに。<br />Vol.20 トマトとアスパラのサラダつけ麺

材料(2人分)

●具材

アスパラガス(太め) 3、4本
トマト(小) 4~6個
刺身用白身魚 1さく(130g)
     
そうめん 120g

●つけだれ(トマトみそだれ)

こめ油
(オリーブオイルでも良い)
50ml
【A】
しょうが(みじん切り) 20g
にんにく(みじん切り) 20g
ミニトマト
(ヘタを取って2つに切る)
7個(約100g)
マーマレード 30g
みそ(麦みそ、もしくは米麹みそがおすすめ) 70g
     
かつおだし(水に顆粒だしを溶かしても良い) カップ1
クレソン 4本

作り方

  • つけだれを作る。フライパンに油を熱し、【A】を炒め、マーマレードを入れて全体がねっとりしてきたらみそを加え、トマトをつぶしながら炒めて、冷ましておく。
  • 食べる直前にかつおだしで割り、温める
  • 具材を作る。アスパラガスははかまを取り、皮をむき、塩(分量外)を加えた湯でゆでて食べやすい大きさに切る。トマトは半分にカットする。白身魚はそぎ切りにする。
  • そうめんを表示に従ってゆで、冷水にさらして水を切る。
  • ③と④を皿に盛り、クレソンを添え、②をつけ汁として添える。
Chiobenの ワンポイントアドバイス !

*だしで割る前のトマトみそは、スープや和え物、炒め物の調味料としても使えます。野菜にそのままディップするのもおすすめです。
*かつおだしは、野菜のゆで汁に代えてもおいしくできます。